大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

災害を想定し あみだされた マニュアル工法

近年、地球温暖化が原因で耐風の巨大化が進んでいます。
1991年 927日に日本を襲った台風19号は、広島市で瞬間最大風速毎秒約60mを記録し、各地におおきな被害をもたらしています。
特に、九州・四国地方を中心に送電鉄塔が倒壊する程の大きな被害がみられましたが、そのような突風が吹き荒れる中であってもツーバイフォー工法で建てられた住宅の被害報告は殆どなかった様です。

カテゴリー: 構造