大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

採光廊下の表面は・・


カーボグラス 霞

採光廊下とは 自然の光を採りいれながら 床としての役割もはたす 廊下のことを言います。通常の床と同等の強度を維持するため ヘリポートなどでも使用されるFRPグレーチングを力のかかる部分に使用しその表面には旭ガラス製の カーボグラス を付着させています。

カーボグラス の その特徴は

 

・全光線 透過率 「霞 5㎜厚を使用」
何もせず ただの吹き抜けを100%として  89%

・強度はどんなん
同厚ガラスの約200倍、アクリルの約30倍の強さがあります。耐衝撃強度274N・m{28kgf・m}以上で、ハンマーでたたいてもまず割れません。人がぶつかったりボールや石などが当たっても、地震が起きても破損・飛散することなく、高い安全性が要求されるトップライトやテラス腰板などの部位にも、安心して使用できます。

・過酷な環境ではどんなん
使用温度条件が、-40℃から+125℃までと広く、南北に長い日本列島のどの地域でも使用できます。酷暑、極寒、積雪等に対する厳しい条件もクリアし、たとえば、アクリル板や塩ビ板のように、寒冷地では脆化して割れることはまずありません。

・火に対しては
火源が離れれば、自然に火が消える性質です。しかも、他のプラスチックに比べ、有毒ガスの心配がありません。プールやテニスコートの屋根など、大開口部に使用できる屋根材として、国土交通省の認定を受けています。

カテゴリー: 設備