大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

夏道具の豆知識

すだれ

日よけなどの対策で窓の内側にカーテンつけることが一般的です本来、日よけは窓の外につけるほうが効果的です。日本では、すだれを日よけ対策に使用しますがこれを室内に付けた場合、結局、日射の熱も室内に呼び込んでしまうため、日射の熱は50%程度までしかさえぎれません。室外にすだれを付けた場合はというと日射を80~90%程度までさえぎることができます。木陰同様外に吊ったすだれで熱を逃がしてしまうからです。すだれを、内につけるのと外につるすのとでは、室内温度は5~7もかわってくるそうです。

 

扇風機

風の無い時・・ 例えば、部屋の北と南の対角に窓があったとします。
両方の窓を開けて、北の窓に向かって(外に向けて)扇風機をつけます。
すると、南の窓から部屋に風が入って来ます。
扇風機が2台あれば1台を風が入って来る方の窓(南)に家の中へ向けてつけてください。最近の住宅は電化製品が沢山あるので外の気温よりも室内温度が高い場合が珍しく無く そのような室内よりも屋外の温度が低い場合にこの方法は効果的です。