大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

遮熱

遮熱材の説明会に行ってきました

 

遮熱とは 簡単にいうと 熱を反射することを言います 反射率が高いほど熱が伝わりにくい高性能遮熱材ということです 最近の建材では99%遮熱が可能な商品が開発されています 99%の遮熱性では夏の外気温より締め切った最上階の屋根裏温度を低く抑える事が可能になってきます。

 Q太陽から発した熱は地球に届く頃の割合は何%ぐらいかご存知ですか?

ちなみに太陽の表面温度は6000℃と言われています。

 A 答えは0%です

では なぜ 温度を感じるのかというと 私たちの身体その他、世の中の物体は分子の集合体からできています。太陽光線の 電磁波[熱線] が地球上の物体に照らされると分子の集合体の一つ一つが暴れだし摩擦熱を発生しますそれが私たちの感じる温度として現れるそうです、その電磁波をさえぎる製品が 俗に言う 遮熱材です
ちなみに太陽熱の
6000℃はどこに行ったかというと 熱は空気があれば移動できるのですが宇宙では空気がないので対流できないので全く届かないそうです。

 

 

カテゴリー: 未分類