大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

厳選 規格


ツーバイフォー製材をよくホームセンターで見かけますが実際に構造に使用される部材では無い事をご存知ですか?ツーバイフォー工法では、構造の安定を図るため国土交通大臣が認定した部材のみを使用しています。そして殆どの構造用製材では日本農林規格に基づく含水率19%以下の製材を使用 そのような徹底した湿度対策により永く暮らせる丈夫な住まいを実現していますその他 ツーバイフォー工法は、くぎ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定され、枠組壁工法住宅工事仕様書(監修:住宅金融支援機構)などでマニュアル化されているため、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な品質と性能を実現します。例えば 接合部に専用のくぎや接合金物(Cマーク金物など)を使用します。
くぎはサイズ別にカラーリングが施されています。これは一度打ち込んでしまうと確認の難しい釘を、くぎ頭の色により確実にチェックできるように考えられたものです。

 

カテゴリー: 構造