大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

緑化率60%

狭小地の場合、駐車スペースに車を置くと緑化スペースが少なく、何とか緑を増やせないかとお考えの方にお勧めなのが芝の育成に適した形状で緑化率60.3%を実現する緑化舗装材。

従来の植生用ブロックに比べ、土の容量を増やすことができるため、芝生の生育に適した環境を実現できます。芝生の列植が可能なため従来の植生用ブロックに比べ、芝施工が簡単です。北向きの方もあきらめなくて大丈夫です当店の現場では北側に植生ブロックを敷き詰め芝施工は不向きと考え、日が充分にあたらなくても生育する竜のヒゲを採用しました。竜のヒゲは水やりが殆どいらず年間を通して真夏だけで充分生育するので楽ちんです。その他、デザインにこだわる方にはランダム敷設したり、動きのあるデザイン施工がお勧めです。

 

当店の北向き物件の竜の髭   植えた直後は画像のように間がすいていますが生育に伴い芝同様に横一列につながってきます。

 

カテゴリー: 設備