大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

窓が断熱壁に近づいた

株式会社LIXILは、世界トップクラス、国内最高1となる断熱性能(熱貫流率)0.79W/㎡・K2を実現した高性能樹脂窓「エルスターX」を開発し、201511日から全国で販売を開始します。

12014827日現在
2:縦すべり出し窓TFダブルLow-Eクリプトンガス入りトリプルガラス LIXIL社内試験値

 

○熱貫流率とは

熱貫流率の数値が小さいほど熱を伝えにくく、断熱性能が高くなります。

熱貫流率はK値とも呼ばれていて、外壁や天井など建築物壁面の熱の伝わりやすさを数値として表したものです。

○代表的な建築材料の熱貫流率を、厚さ100mm(0.1m)に設定して比較してみますと次のようになります。

熱貫流率

断熱材 グラスウール10K     0.5
木材               1.5
ALC              1.7
コンクリート          16.0
レンガ               6.2

 

 

 

カテゴリー: 設備