大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

隣地境界線に関するルール その1

(境界線付近の建築の制限)
建物を建てる時、境界線から50センチメートル以上の距離を保たなければならないのをご存知でしょうか。・ルールに違反して建築をすると隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができるんですよ、ただし、ちゃんとお隣の方に承諾を得ていれば50センチ無くても建物を建てるにあたって問題ありません。50センチのこういったルールは完成後のことを考えれば良くできてるんですよ。例えば隣地との空き50センチには排水管を通すことも可能です。排水管を隣地との空きに通すことができなければ床下に通すなどメンテしにくい住宅になります。その他エアコンの室外機も自分の敷地内に置くこともでき、風通しの良い住宅になります。

 

 

カテゴリー: 未分類