大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

○震・■震・△震って?

ツーバイフォー工法による耐震実験の様子

 

 

・「耐震構造」 住宅のフレーム強度を上げることで地震の揺れに耐える構造のこと。

・「制震構造」 建物の揺れを抑制する装置を設置し地震の揺れを軽減する構造のこと

・「免震構造」 名の通り地震を免れる構造。建物と基礎の間に、免震装置を設置して地盤と建物を切り離すことで、地震の揺れを建物に伝えないようにしている構造のこと

 

簡単に説明すればこれら3種 「耐震構造・制震構造・免震構造」に区別されます。但し、その効果についてはそれぞれ個々の住宅等により異なります。例えば耐震住宅、ほんのわずか耐震金物が使用されても耐震住宅とうたっている場合もあります、制震住宅についても同じく筋交いなどの代わりに制震金物がほんのわずか使用されても制震住宅と呼びます。マンション等で使用されることの多い免震構造ではここ最近のニュースで取り上げれている建物と基礎の間の免震ゴム不適合問題、肝心要なそのゴムそのものに不適合な物が使用されていては何を信用していいものかとなりますよね、こういった住宅等のフレームそのものについて「今の時代、何処も一緒でしょ」とおっしゃられるお客様もおられますが、言葉じりだけで解釈されるのではなく、一般住宅であれば、ほんの少し構造段階の現場を幾つか除くだけでもその違いは素人であっても見えてきますよ。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類