大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

座 ション VS 立 ション 

■座りション派は全体の半数以上!

パナソニックが実施している『男性の用を足す姿勢』に関する調査において、最新の調査結果(20138月)では、着座スタイルで用を足す方の割合が半数を超えています。これは、立位で用を足した際に、便器本体やその周辺を汚すことを避けるためだと考えられます」

小便の飛び跳ねはトイレ内の多くの汚れの原因となっているそうです。調査によると、「立って用を足したい」「できれば立って用を足したい」と答えた男性は全体のおよそ4割。しかし、便器が汚れたり、妻や娘などに迷惑をかけるのが嫌で座って用を足す人が多いのが現実。そこで、この結果を受けて開発されたのが、“泡のクッション”で飛び跳ね汚れを抑制するトイレがパナソニックの新型アラウーノなんです。

 

 

 

カテゴリー: 未分類