大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

洗面台の測る場所

こんにちは!いち子です。

皆様はゴールデンウィーク、どうお過ごしでしょうか?

今年は10連休ととても長いですね^^

私は仕事以外は特に予定はございません。笑

GWが終われば少し高級なディナーにいく予定です^^楽しみ~!

 

今日は洗面台の正しい測り方をお教えさせて頂きます。

リフォームで洗面台を購入したものの

「洗面所に入りきらなかった・・」や「高さが合わない」

などといったことが起こらないようしっかり測っておきましょう。

 

一般的な洗面台は

・間口(幅)600mm、750mm、900mm

・全体の高さ 1900mm程度

・奥行き 400~600mm程度

・洗面ボウルまでの高さ 750mm、800mm、850mm

です。また、間口や奥行きはさまざまな大きさがありますが

高さはほとんど変わらないそうです。

 

さて本題の測る場所ですが今使っている洗面台を測ってください。

・間口

・全体の高さ

・左右に空いているスペース

・天井までの空いているスペース

・奥行き

・洗面ボウルまでの高さ

これを測っておいてください。

ショールームで見る洗面台より

家に届いてから見ると意外と大きかったりします。

image1

ちなみに洗面ボウルまでの高さの目安ですが

・身長155cm→750mm

・身長165cm→800mm

・身長170cm→850mm

です。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

カテゴリー: 未分類