大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

トイレのドアは外開き!

こんにちは!イチ子です。

 

さっそくですが、皆様のご自宅のトイレのドアですが

外開きになっているものが多いと思います。

しかし、築30年より古い住宅の場合、

トイレのドアは内開きが多く見られます。

さらに段差もあります。

この段差や内開きは

お年寄りや体の不自由な方にとっては

大変危険です。

例えば、段差につまずいたり、トイレの中で

倒れてしまいドアが開けられなくなってしまう。

3D19FBE6-12D6-466C-BAD7-18BE1C713C36

などと危険です。

ですので年々、バリアフリーが強化され

最近の住宅では

外開きが多くなり、段差も無くなりました!

それに洋式が増え、掃除が楽になり、排水口を作る家も

少なくなってきました。

 

しかし、安全になってきたものの

「外開きにしたせいで廊下が狭い。。」

「ドアを開けるとき人にぶつかってしまう。」

など他の問題点も出てきます。

ですので、ドアの幅を狭くするや

ドアを壁より引っ込ませる

ことにより問題は解決するかと思います!

 

更に今では、折り戸になっているドアも

あるみたいです!

C216E2F7-310D-4AD3-AA2A-5048EC317324

もっとお年寄りや体の不自由な方、子供に

優しい家がこれから増えると

私も嬉しいです(^^)

 

 

カテゴリー: 未分類