大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

建坪の条件とは?

こんにちは!いち代です。

 

 

 

今日は前回の続きです。

 

前回、建坪についてお話しさせて頂きましたが

 

建坪にはさまざまな条件があり

 

建坪に含まれない条件もあります。

 

それがこちらです。

 

 

 

1,屁やバルコニーは1m以内であれば含まれない

 

 

 

2,出窓は場合により含まれない

 

●含まれない条件

 

⚪︎出窓の下端が床面から30㎝以上の高さであること

 

⚪︎出窓が外壁から50cm以上突き出ていないこと。

 

⚪︎出窓の面積の1/2以上が開口部(窓)であること。

 

●含まれる条件

 

⚪︎出窓の天井が室内の天井の高さ以上に位置する場合

 

⚪︎出窓が屋根と一体となっており下屋となっていない場合

 

⚪︎出窓の下に地袋(収納部分)を設ける場合

 

 

 

3,吹き向け部分は含まれないが延べ床面積には含まれる

 

⚪︎室内に吹き抜けがあり天井がある場合は「建築面積」に算入します。ところが、吹き抜けで難しいのは「延べ床面積」には含まれないという点。「延べ床面積」は各階の床面積の合計ですので、吹き抜け空間はこれに含まれません

 

 

 

4,屋根付きカーポートは 基本 含まれます・・・が

 

緩和があります   簡単にまとめますと

柱の間隔が2m以上  屋根は2.1m以上 普通の一般的なカーポートであれば

クリアできそうな感じです。

 

 

 

などが建坪の条件となっております。

箇条書きで書いていきましたが

チラシや広告でよく建坪と書いていますが

上記のような条件がありますので

それに気をつけて家探しをしてくださいね(*^_^*)

私は屋根付きカーポートまで含まれる

ことは働くまで知りませんでした!

びっくりです。

 

ではまた来週〜

 

カテゴリー: 未分類