大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

左官工事 珪藻土【下地工事】

今回 内装壁の仕上げは珪藻土を採用しました。珪藻土を塗る前に下準備が必要となります。先ずは塗る面以外に付着しない様にするため、建具 天井 床それぞれの境目にテープを貼り対策をとります。今回は塗る面積が300㎡【90坪】近くあるので養生もかなり時間を要します。養生が終われば 下の写真の材料を左から使用していきます。
1 ファイバーテープ
石膏ボードの継ぎ目に貼り付けます これは上塗りした後のボードの継ぎ目の亀裂防止に役立ちます。

2 あんしんシーラー 【ハッピーシーラー】
一般のシーラーは接着を良くするという目的があるようですが、このシーラーは、塗り壁材が下地に「練り水」を吸い取られる吸水の具合を調整するためのものです。

3ボードンプラスター
石膏ボード専用の下地調整材でボードの凸凹を解消してくれます
この製品は下地材でありながら珪藻土が含まれており かつ 亀裂防止材がふくまれています。ファイバーテープとボードンプラスターのダブルの効果で亀裂を最小限に抑えます。

■ファイバーテープを貼りその上から あんしんシーラーを塗った状態です。

■先ずは下塗り90坪を終えました。この写真はあんしんシーラーの上から ボードンプラスターを塗った状態です。珪藻土が含まれているせいか下塗りでも仕上げ同様の感じです。

カテゴリー: 設備