大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

光のダクト

自然の光を 採り入れる 採光ダクト を店内に設置しました

通常は垂直に設置するのが一般的なのですが中の様子と光の反射

がわかるよう寝かして設置しました

IMG_1131

日差しが届かないお家でも 屋根のどこかに太陽があたっていれば太陽の日差しを

お家の中に取り込めます 屋根に日差しがあたっていなくても外の明かりをほぼ

そのまま拾います。

what_ill_01_sample[1]

カテゴリー: 設備

あえて 木

高断熱気密性を重視する最近の建具とは逆に あえて木の建具を採用しました

値段はまあまあしましたので 硝子は使えるものは利用しました。img_0488

img_0492

カテゴリー: 設備

座って半畳

狭小地でありがちな半畳の和式トイレから洋式トイレへのリフォーム、80㎝×80㎝あれば大丈夫 この現場も およそ 畳半畳です。

カテゴリー: 設備

ペットゲート

131203_hfreegate_03[1]

昔は犬などのペットは外で飼うことが主流で番犬などといったものでしたが最近ではお家の中で飼うのが主流ですね、ペットというか家族の一員のような・・・しっかりしつけのいきとどいたご家庭のワンコであれば必要ないでしょうが うちの愛犬ichiは人間が居なくなり食べ物でもあるとペロッといかれ、さぞ洗ったかの様にきれいに だからうちでは家をあけるときは昔の子供のベビーフェンスでブロック、フェンスを付ける場所にもよると思うのですが今では食べ物の宝庫キッチンスペースを囲うペット専用ゲートこの商品は足元のレバーで扉が開閉するので両手がふさがっていても出入りできます、価格も1万そこそことお求めやすく取り付けも簡単ですよ

untitled

untitled

ベビーゲートの間から のぞく ichiでした。

カテゴリー: 設備

大阪府は大丈夫!

木造住宅にもリフォームで設置できます。

エレベーターの設置には建築基準法により昇降機確認申請が義務付けられていますが

大阪府は木造2階建の改築設置に限っては昇降機確認申請手続きが不要なエリアに該当していますので内容のわかりずらい申請に関わる費用が発生せずお得ですよ

 

oshiire-reform[1]

 

カテゴリー: 設備

明るいだけじゃない!

採光ダクトは、内部が鏡面になっているダクトの中に太陽の光を採り込み、反射を利用して屋内のあらゆる場所に自然光を届ける採光システムです。日中の豊富な自然光を、室内の照明として活かすことができエコロジーなのはもちろん、人体に自然のリズムを教え、健康面においても効果を発揮するアイテムです。

その他、アウトドアーがお好きなご家族や植物のお好きな方などにおいてはリビングで太陽の光を利用して観葉植物を育てたり、ダクトの放光部に麻の様な生地で覆い、木漏れ日の感覚を味わったりなどリビングスペースをまるで屋外スペースであるかのような活用をされている方もいるようです。

 

 

IMG_7341

 

カテゴリー: 設備

将来のリフォームを安くする (EV編)

エレベーターをしたいけど予算が・・・やっぱりやめとこ・・・でも実際 必要となれば家を売ってマンション?平屋? これ又もっと 予算が・・・それなら予め 付ける予定で間取りを作れば

・・・畳1畳でエレベーターがつきますので 1畳の収納を1階から3階まで同位置で通しておき将来 吹き抜けにすれば 簡単にエレベーターは取付でます。当然規制はこれだけでは無いですが予め付ける計画で構造をかんがえていれば何ら問題はありません。大きなリフォームは品物よりも工事代が高くつくケースがよくあります。特に住みながらのリフォームは新築を建てるより捗らず工事の内容が複雑になればなるほど日数がかかり職人さんの人工代がそれなりにのっかってくるからなんですよ。何でも先行きのことをちょっと考えて計画すれば後々安くつくし3階建は特に無理な改築をしなくて済みますよ

jn150525-1-2[1]

カテゴリー: 設備

半畳もあれば

狭小住宅では少しのスペースでも有効利用が大前提

画像の施工例は 畳半畳でトイレを設置し、浴室は押し入れスペースを1畳まるごと造作にて改造しました。
DSCN0077IMG_9595

untitled

untitled

IMG_9587

カテゴリー: 設備