大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

剛床構造

通常工法のおよそ1.5倍~1.7倍の材木を使用する 当店のツーバイフォー工法

根太(床面に流している材木を根太といいます)の材木は通常工法2倍の材木を使用しています。一般的なツーバイフォーや世間で一番多い在来工法などと比較できればその材木量の違いは一目でわかるのですが比較材料がなくて残念です・・・

 

ユーケンビルド A号地 2階床 009

ユーケンビルド A号地 2階床 008

カテゴリー: 構造

階段掛け替え

IMG_95082

 

階段がハシゴのようなので階段をゆったりに

2階の押し入れをぶち抜き、その部分を新たな階段位置にしてみようと思います

 

押入れをぶち抜きました

 

IMG_95134

 

カテゴリー: 構造

国内初

ツーバイフォー実験棟   なんと6階建て!

木造建築で6階建は全国で初です。

 

カテゴリー: 構造

天井もバリアフリー

 LDKの天井は、なるべく すっきりフラットに。見た目の感じもあるのですが光線が途切れないようにするためでもあるんです。そのためには、たれ壁を下さない構造設計と構造材の選別が問われてきます。そこで利用しているのがLVL、量産できないオーダーメイドの構造材です。計算上はじき出された数値にあわせ造りはじめるので。部材発注から1カ月かかることも珍しくは無い、手の込んだ構造材です。


カテゴリー: 構造

煙突効果


リビングから見上げた天窓、採光廊下をグレーチングのみにすれば温度差により風の通り道
の出来上がりです。グレーチングの表面に敷かれているポリカーボネート板は簡単に脱着できます。

ボタン一つで開閉できます。設定温度になれば勝手に開き その温度よりより5℃下がれば
閉まります。雨がふれば設定温度に関係なく閉じてくれる機能が付いています。

カテゴリー: 構造, 設備

厳選 規格


ツーバイフォー製材をよくホームセンターで見かけますが実際に構造に使用される部材では無い事をご存知ですか?ツーバイフォー工法では、構造の安定を図るため国土交通大臣が認定した部材のみを使用しています。そして殆どの構造用製材では日本農林規格に基づく含水率19%以下の製材を使用 そのような徹底した湿度対策により永く暮らせる丈夫な住まいを実現していますその他 ツーバイフォー工法は、くぎ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定され、枠組壁工法住宅工事仕様書(監修:住宅金融支援機構)などでマニュアル化されているため、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な品質と性能を実現します。例えば 接合部に専用のくぎや接合金物(Cマーク金物など)を使用します。
くぎはサイズ別にカラーリングが施されています。これは一度打ち込んでしまうと確認の難しい釘を、くぎ頭の色により確実にチェックできるように考えられたものです。

 

カテゴリー: 構造

災害を想定し あみだされた マニュアル工法

近年、地球温暖化が原因で耐風の巨大化が進んでいます。
1991年 927日に日本を襲った台風19号は、広島市で瞬間最大風速毎秒約60mを記録し、各地におおきな被害をもたらしています。
特に、九州・四国地方を中心に送電鉄塔が倒壊する程の大きな被害がみられましたが、そのような突風が吹き荒れる中であってもツーバイフォー工法で建てられた住宅の被害報告は殆どなかった様です。

カテゴリー: 構造

台風に備えて

ツーバイフォー工法は 地震にと火災に 強く 保険料もその事あって在来木造住宅のおよそ半分近くになる程ですが 実は 地震・火災以外の耐風対策も考えれています。屋根材が強風に吹き飛ばされなうようにするため ハリケーンタイ といわれる 耐風金物の使用をツーバイフォー工法では 義務付けられています。

※ 日本では台風 、海外ではハリケーンなどとよく言われますが その違いは発生場所と規模の違いにあります。

・台風
東経180度より西側の北太平洋上に位置する
風速17.2m/s以上の熱帯性低気圧。

・ハリケーン
東経180度より東側の北太平洋および北大西洋に
位置する、風速33m/s以上の熱帯低気圧

 

カテゴリー: 構造

大地震に備えて


屋根材を軽くすると家の重心が下へ下がり 地震での横揺れが大幅に軽減されます。

和瓦をめくり終えたところです。

土をめくると屋根の構造が見えてきました。ちなみにめくった廃材だけで2トンダンプが山盛近くなりました。

下地補強をしているところです。

雨音を伝えにくくするため 防水シートは2重張りにしています。

ガルバウム鋼鈑屋根を貼り終えアンテナを元の位置に戻し 完了です。屋根材は遮熱性の高いグレーを採用しました。

カテゴリー: 構造

照明器具ではありません。

照明器具ではございません。 
廊下を下から見上げた画像です。廊下を歩いているところを撮ってもらいました。
下で青く光っているのは 採光ダクトです。夕暮れ時の薄暗い光もしっかり拾ってくれます。月の明かりでもほんのりと灯してくれますよ。

カテゴリー: 構造