大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

フレーム工事【3階床】

ツーバイフォー特別工法の一つ 剛床組みができあがりました。通常のツーバイフォー工法の2倍の材料を用い 要所部分には天井をフラットに仕上げるため 強度計算に基づいた単板積層材【LVL】をオーダーメイドにて取り入れています。

2枚抱き合わせされた床構造材が455ミリ間隔にて綺麗に配列され、吹き抜けとなる部分については通常以上により強度のあるLVL材にて補強されています。

柱材も通常のツーバイフォー工法の2倍【抱き合わせ】にて組み合わせています。

床構造材【根太】の受けもとは しっかり と ツーバイフォー専用金物で補強していきます。

カテゴリー: 構造

わんぱく です。

ICHIが生まれて3か月近くなりました。人間ですと 3歳ぐらいだそうです。 顔立ちもだんだんりりしくなってきました。 噛んだり 飛びついたり 散らかしたり そして おしっこ うんこ と やりたい放題です。

結構 散らかして走りまわってくれます。

フレーム工事【2階 床組】

床構造材はツーバイフォー通常工法の2倍しています。 間隔は455ミリピッチで配列されています。
※ちなみに木造在来軸組工法は910㎜間隔で配列されているのが一般的です。


床組みが終わると 構造用合板にて蓋をして ツーバイフォー工法のルーツとなる6面体が出来上がります。木造在来軸組み工法は柱材 梁材 など 材木を点で結ぶ工法に対しツーバイフォーは面で構成されています。 身近なもので例えるならマッチ棒の隅々をむすんで構成されているのが木造在来軸組工法で マッチ箱がツーバイフォー工法のような感じです。
マッチ箱の角を指で押しても へしゃけない そんな感じがツーバイフォー工法です。同じ木造でも作り方が全く違うツーバイフォー工法の作り方は品質にバラツキのないマニュアル工法であり災害【地震・火災・ハリケーン】を想定つくし、考えだされた工法のため仕上りが安定するためツーバイフォー工法で建てると火災 地震保険が在来木造軸組み工法のおよそ半額で済みます。公の保険会社も認めるおすみつきです。

 

 

カテゴリー: 構造

フレーム工事 1階

1階の床下に断熱材が隙間なく敷き詰めらてきました。

断熱材が敷き詰めらると その上には構造用合板が張り詰められステージができあがります。
そのステージは作業場となり 先ずは外周壁から作っていきます。

外周壁が四方起き上がると 室内の間仕切り壁を起こしていき 1階の間取りがイメージできてきます。

カテゴリー: 構造

フレーム工事 スタート

台風も去り すがすがしい好天に恵まれ フレーム工事がスタートしました。
土台下に見える黒い物体は 基礎と土台を絶縁し床下の湿気を効率よく排出してくれる基礎パッキンといいます。基礎パッキンの床下全周換気は従来、基礎の側面に空ける換気工法に比べ15.倍から2倍の換気性能を実現しています。よって土台の腐れとシロアリが嫌う乾燥状態が維持できます。


カテゴリー: 構造

家族が増えました。

生後2カ月です。人間で言うと2歳ぐらいになります。 名前は 同じく ICHIともうします。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
とにかくよく食べます。食べたものの大半が身についているのか 日に日に大きくなっていくのがよくわかります。

 

展示会

給湯機メーカで有名なノーリツさんの展示会に招いていただきました。
給湯機が主な展示かと思いましたが、キッチン 浴室  洗面台 すべて
充実しており 他メーカーであまりきかない工夫が沢山ほどかされていました。

キッチン【ジャストカット】
キッチン幅を自由にあつらえるようです。化粧板で調整するのではなく 収納間口で1センチ
刻みにオーダーがきくみたいですよ。

【太陽熱利用ガスふろ給湯暖房システム】
太陽×ガスのエネルギーベストミックス。高い熱効率の集熱機【ソーラーパネル】で集熱し、沸かしたお湯を温水床暖房に活用できます。これまでランニングコストが気になって、あまり床暖房を使用しなかった方にお勧めです曇りの日や夜間は24号エコジョーズでバックアップします
温水を屋根に貯めるわけではないので屋根に負担もかかりません。カタログではガス代を4割
減らしてくれると記載してあります【4人家族の平均値で算出】
※只今建築中のB号地に取り付ける予定です。

【タオル掛けにもなりますがタオル掛けではありません】
洗いもの際 キッチンにもたれかかって洗った経験はないでしょうか?
バーがなければ水撥ねを考えて作業をしなければいけないと思いますが、これがあると
結構、楽に水はねも気にせず もたれかかって洗いものが可能です。丸みをおびているので
長時間の洗いものも可能です。

 

カテゴリー: 設備

基礎工事【耐震金物】

基礎工事も終盤を迎え 次回より いよいよ フレーム【骨格】の工事へと入っていきます。

長いアンカーボルトが基礎とフレームを強固に結び地震時や台風時による引き抜きに対抗します。


【ホールダウン金物】引き抜き防止金物
長いアンカーボルトとフレームを強固に結びつける金物です。

カテゴリー: 構造

iCHI との お別れ

先日 愛犬の いち【ichi】が命を引き取りました。室内で家族同然
に生活していた大きな存在だったので非常に残念です。最後は急でしたが
家族全員揃う瞬間までがんばっていきぬいた。頼もしい男のこでした。
生後 1か月 半ごろの写真です。すごく大きな手をした子でした。

人の気持ちを察知できる 従順な子でした。