大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

ichi と 休日

久しぶりにichi と お出かけしました。 大阪から車で2時間 ちょっと 和歌山県は 志原海岸で自由にしてあげました。
なかなかこっちに向いてくれず 撮った写真に変わった表情があったので

載せてみました

こっちを向いてくれないので 横から パチリ
大きな海岸で 私達 だけで のんびり 過ごすことができました。

晴れた日は こんな感じです。

今日はよく晴れました。ので 自然光を取り込む採光設備は快調です。
ダイニングを照らす 採光ダクト よく光ってます。

採光廊下も頑張っていますリビング扉をあけると 自然光が迎えてくれます。
採光廊下の上はこんな感じです。大型トップライトを開放してみました。空が青く気持ちのいい天気です。

カテゴリー: 設備

廊下の様子

部屋から見た 採光廊下です。照明器具に頼らず 自然の光だけです。

廊下の天井はこんな様子です。暑くないですか と よく聞かれます 暑くなれば自動で天窓が開き天井付近にたまった熱源を抜き取ります。雨降りは自動で閉まります。

特別 晴れている日ではありません。廊下を下から見た様子です。


奥に見えるのは 電灯でなく これも自然の光の装置の一つ 自然の光をほぼ そのままの
状態で取り込む ダクトからの自然光です。

カテゴリー: 設備

道路を補修

解体後 ギザギザになっていた 道路境界線の補修が完了しました。

 

カテゴリー: 設備

リゾート地では・・・

一見 リゾート地に見えますが これは羽曳野市にある 延羽の湯の前で撮った画像です。
ここの銭湯は 露天のスペースが大きのとローリューサービスが私の好みです。ローリューとはサウナ内でサウナストーブにて熱した石にアロマ水をかけて湧き上がる水蒸気のことを言います。 その水蒸気をお客様ひとりひとりに、大きなうちわで仰いでくれるサービスのことをいいます。座るポジションによっては やけどするんじゃないかと思うぐらいの熱風をおくってくれますので一瞬で大量に発汗します。

タイル 工事

2階の踊り場に手洗いスペースを設けました。このタイルは見ての通り割れた模様なのでクラッシュタイルとネーミングされています。写真ではわかりにくいですが厚みが1センチ近くあるので
実物は写真で見るよりもボリュームがあります。タイル目地は珪藻土の壁に色合わせしました ウッドタイル
通常 お店のフロアーなどによく使用される木目調のタイル材、 触ってみると木目のパターン
もしっかりついておりリアルに仕上がっています。タイル目地はブラックでタイルの木目をより
浮き彫りにしました。

 

カテゴリー: 設備