大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ブログ

いろんな 格子

 

都心部を移動中 またまた モダンな 建物と遭遇しました。 色目的には 木目 の格子でしょうか やはり 中は見えずらくなっていました。

 

 

 

 

 

 

流用

格好いい 外構をみつけました。 瓦のみで和風モダンな塀が その他入口扉にFRP
グレーチングを採用されていました。 ちなみに 足元に沢山ある大きな石ころはしっかり
固定されていました。   お見事です

 

 

台風に備えて

ツーバイフォー工法は 地震にと火災に 強く 保険料もその事あって在来木造住宅のおよそ半分近くになる程ですが 実は 地震・火災以外の耐風対策も考えれています。屋根材が強風に吹き飛ばされなうようにするため ハリケーンタイ といわれる 耐風金物の使用をツーバイフォー工法では 義務付けられています。

※ 日本では台風 、海外ではハリケーンなどとよく言われますが その違いは発生場所と規模の違いにあります。

・台風
東経180度より西側の北太平洋上に位置する
風速17.2m/s以上の熱帯性低気圧。

・ハリケーン
東経180度より東側の北太平洋および北大西洋に
位置する、風速33m/s以上の熱帯低気圧

 

カテゴリー: 構造

後光が差して


散歩コースは 幾つかありますが この公園の入り口付近の前を通過しようとすると いつも私の方に振り返り 公園に寄って行けと目で訴えるので いつもの滑り台で遊んでいます。
今朝は後光がさし 立派なポーズを見せてくれたので「コイ」と声を発しましたが未だ自らは
滑らない 今日のichi でした。。。。。。。。

格子のビル

大阪中央区で モダンなビルを見つけました このビルも格子により窓がわかりずらく よーく見ないと屋内の様子が見えにくくなっていました。

どこかで 見た事ある石やなーと思ったら 先日現場で使用した石と同じでした。

カテゴリー: 設備

こんなところでも

大阪市役所の最寄駅でも 採光ダクトが利用されていました。駅員さんに聞くと 白い
改札上部すべて自然光だそうです。曇り空でしたが 地下  まで 十分な自然光を
送り込んでいました。


光を取り込む 採光部分は 4か所の天窓がありました。

 

カテゴリー: 設備

あらためて 仏閣

マジマジと見ると 普段 目に就く 身近なところで 住宅とのスケールの違いが。。。
フロアー材 厚み 5センチ ぐらいありそうな感じです 階段部材も結構なボリュームがあります。1段につき 角材 まるまる1本使用しています。施工後 かなりの年数が経つと思われますが目視する限り そんなに ひねるも なし 狂いもなく さすがです。


:おりあげ格天井:
井桁格子のところが たまたま 当店で使用する廊下の部材とよくにたデザインです。