大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

ご相談から完成までの流れ

ご相談

初めてのご相談

最初のキッカケは様々です。
「広告を見て」「工事現場を見て」「何々さんから聞いて」と皆さん色々です。
先ずはお電話を頂きまして、事務所にてお話することも可能ですし、ご自宅等でお話することも可能です。
※私共からの積極的な営業活動は行っておりませんのでお気軽にご相談ください。

最初によく相談を受ける内容
建築費用、住宅ローン、間取り、敷地状況等、その他様々です。

ご相談写真

敷地調査

具体的なお見積をご希望のお客様には現場調査をお勧めします。
その他、調査方法として敷地の大きさのわかる資料がございましたら、その資料を基におおよその見積作成も可能です。

間取り打ち合わせ〜資金計画

間取り・仕様・ご予算が確定するまで数日かけて打合せを繰り返し、ご納得頂ければ資金計画を練り、着工時期を決めていきます。

ご契約

ご契約

建築請負契約後、住宅ローンご使用の場合、申込用紙のご記入も含めて行い、着工時期を基に解体日程・図面詳細打合せ・内外装打合せ等スケジュールの目安を決めていきます。

  • ご契約から基礎着工までの平均日数90日
  • ご契約から解体着工までの平均日数60日
ご契約写真

家づくりの打ち合わせ

住宅ローン内定後

図面・建物配置・窓位置・収納内部・コンセント・スイッチ等の場所の打合せを数日に分けて行います。

詳細図面確定後

※内外装のインテリア打合せ内外装の色合せ打合せを数日に分けて行います。
この時点では図面が確定しておりますので、当店では並行して建築確認申請業務を進めております。

引越し ~ 仮住まい

住宅ローンが内定すれば解体は何時の時点でも可能ですが、引越しは早すぎると無駄な空家賃が発生しますのでご注意を。
契約後の打合せがスケジュール通りいかず予定より遅れる場合を除き、当初の解体日程を目安に引越し作業を行ってください。
打合せが長引くと感じた場合、着工時期をずらしますので、お早めにお知らせください。

家づくりの打ち合わせ写真

基礎着工前の準備

解体工事に伴うご近所への挨拶回り

現場監督・担当営業とご一緒にご挨拶に伺います。お施主様のご同行もお願いいたします。
工事期間・工事に関するお問い合わせ先を記載した挨拶状と粗品を弊社にてご用意いたしますので、ご希望の数がございましたらお気軽にお申し出ください。
※敷地内にて残してほしい品、塀等がありましたらこの時に伺います。

解体終了後 お施主様と位置確認

地鎮祭を行う場合この時点で行います。
地鎮祭終了後、引き続き建物の配置確認を行う場合があります。図面で確定した位置を現場にて反映し、お施主様に確認後、着工いたします。
但しこの時点での配置変更は確認申請の出し直しになり着工時期が遅れる事がありますので、打合せ時に入念に決めましょう。

地盤調査・地盤改良

建物の配置がきまれば地盤調査を行います。
その地盤調査データを基に地盤改良の必要性を検討し結果報告いたします。
※地盤改良費はこの時点でわかります。(別途費用)

基礎着工前の準備写真

基礎工事から棟上げまで

基礎着工~棟上げ[上棟式]まで [お役所と第3者機関の2度の中間検査]

建物の大きさにもよりますが、4LDK目安で30日~40日間ぐらい要します。
ここ最近、上棟式をする方が時代の変化に伴い激減しております。
せっかくの機会でお気持ちだけでもとお考えでしたら、費用をかけず略式での5分程で終わる事も可能ですので、お気軽におっしゃってください。
※フレーム(構造体)が完成した時点でお役所と第3者機関の検査が入ります。

解体終了後

打合せした通りの位置にスイッチやコンセントが設けられているかの確認です。
現時点では電気配線が目視できる状態ですので位置変更は可能であるため伺います。
※後にウレタン吹付け断熱材が充填されボードを貼りますので容易に変更できなくなります。

基礎工事から棟上げまで写真

内装工事から完成するまで

棟上げ~完成まで ※外構工事は除く

4LDKを目安として約2か月要します。

金銭消費貸借契約 [住宅ローンのご契約]

住宅ローンを使用される方は、住宅ローンの契約を金融機関にて行います。

お役所 [完了検査]

工事終了後、建物に使用されるパーツが確認申請通り使用されているか表面材(窓・ガラス・防火設備・ノンホルム設備)の確認です。

社内 引渡し検査

当店にて工事終了後、屋内外点検作業を行います。
補修すべき箇所があれば、お施主様立会の引き渡し検査までに補修します。

引渡し検査 [お施主様と立会確認]

主に建物の使用説明を行います。
この時点で気になる箇所があれば補修後、引き渡しをいたします。

決済の後、建物の引渡し

金融機関にて行うケースが大半です。
このときに鍵と保証書関係の書類をお渡しいたします。

内装工事から完成するまで写真 内装工事から完成するまで写真

引き渡し後 [アフター管理業務]

建物は引き渡し後は最長10年間の保証書に基づきアフター工事を承ります。
※足場がとれる完了検査ごろ外構業者のご紹介もいたしますので、ご希望等あればお気軽にご利用ください。

完成
作品例 参考プラン