大阪で注文住宅を建てるならツーバイフォー工法のユーケンビルドへ

2×4(ツーバイフォー)工法の特徴

柱という概念が無い面構造(モノコック構造)

ツーバイフォー住宅 ツーバイフォー工法には柱という概念が無く、壁・床・天井で組み合わさったモノコック構造です。
(新幹線・スペースシャトル・航空機がモノコック構造に値します。)
新幹線の先頭車両の骨格

新幹線の先頭車両の骨格

当店のツーバイフォー工法の施工例

つくり手に左右されないマニュアル構造

ツーバイフォー工法の構造図の数々

ツーバイフォー工法の構造図の数々

ツーバイフォー工法の構造図の数々

航空機内のセミモノコックフレーム

ツーバイフォー工法の構造図の数々

モノコック構造のツーバイフォー構造体

ツーバイフォー工法の構造図の数々

フロアー毎 構成される モノコックフレーム

災害を想定つくされたマニュアル工法

国が指定する木材・耐震金物・耐震釘・施工方法、細かいところでは窓開口周囲には破材(つぎはぎ)を使用することは禁止されており、一旦、窓を塞いだ状態よりくりぬく方法をとっています。
大きな合板のロスはでますが、面一体である考えが、こういったところに現われています。
このように細かいところまで計算つくされた耐震工法であり、仕上がりがマニュアル化によって一定水準を保つことにより、ツーバイフォー工法で家を建てると地震保険が木造建築のおよそ半額ですみます。
火災面においては各スペースが壁・床・天井[屋根]の6面体の箱状から成り立っており火元を包囲します。
更には大きく燃え上がった炎による延焼を防ぐために各スペースの壁面天井裏ではファイヤーストップ材が各スペースの周囲をブロックしています。
これにより万一の火災時でも火元となるスペースの建具を閉じれば、縦横周囲の部屋に延焼するまでの時間に消防活動が間に合うため、火災保険も木造建築のおよそ半額ですみます。
その他「ツーバイフォー工法」の優れた特徴については、(社)日本ツーバイフォー建築協会ホームページにて詳しく紹介されています。
耐震実験に耐える3階建て2×4工法

耐震実験に耐えるツーバイフォー工法

2×4工法に使用するSPF材の原木

2×4工法に使用するSPF材の原木

2×4工法で主に使用される材木の種類

ツーバイフォー工法で使用を義務づけられる材木の種類

ツーバイフォーSpecial工法

剛構造

一般のツーバイフォー工法と比較すると建物全体で約1.5倍から1.7倍の構造材を使用します。

剛構造写真
剛構造写真

吹き抜け強化

吹き抜けにより建物の強度が損なわれないよう大きな梁材【構造用LVL材】で過剰に強化していきます。

■構造用LVLとは

厚さ数ミリの単板積層板を増減することによって必要な強度や必要なサイズに応じ柔軟に構造材を作ることができる製材

■構造用LVL材の強度

構造用LVLは一般製材に比べかなり強くなっています。
例えばベイマツ製材(1等)にくらべ構造用LVLの140E-525F(特級)では約1.7倍の強度 を持っています。
これは105×300×3650の床梁1本にベイマツ製材(1等)では約3.2tまで耐えられるのに対し、同じ寸法の構造用LVLの 140E-525F(特級)では5.3tの荷重に耐えられることを意味しています。

吹き抜け強化写真
吹き抜け強化写真

フラット天井

強度計算に基づきオーダーメイドされた構造用LVL材。
ツーバイフォー工法・在来工法でよくありがちな天井からの梁材が降りてこず、すっきりした天井のLDKが可能です。

フラット天井写真
フラット天井写真

ダブルの床根太

一般のツーバイフォー工法は基本的に床根太を1本づつ配列するのに対し、ユーケンビルドでは2枚抱き合わせのダブル施工を基準としています。
これにより重量のある家具、ピアノなどが場所を気にせず配置できます。

ダブルの床根太写真
ダブルの床根太写真

ダブルの柱スタッド

柱も同じく通常工法では1本づつ配列されるのに対し、ユーケンビルドでは最上階を除く柱は抱き合わせの2本柱を基準としています。
これにより壁の剛性をあげ、更なる耐震性の向上を計っています。

ダブルの柱スタッド写真
ダブルの柱スタッド写真

防音吊天井ドスン編

お子様などがはしゃいだ時のドスン【個体音】を抑制するために、防振吊木を振動抑制部材にて固定しています。
振動抑制部材にはゴム部材が組み込まれておりその部分で上階から伝わる振動を吸収し個体音を抑えます。
更に音を通しにくくするため厚さ100㎜の防音マットを天井内に充填しています。

防音吊天井ドスン編写真
防音吊天井ドスン編写真

防音床構造カツン編

物を落としたり、生活音の高音域を抑制するため、フロアー材の下に高密度の制振材と高音域を鈍らせる遮音ゴムシ―トで対策を取っています。

防音床構造カツン編写真
防音床構造カツン編写真

【遮熱対策】フレーム全体(屋根・外壁)を遮熱を兼ねた透湿防水シートで包みこんでいます。

  • (一般普及品との比較)
    • ・赤外線反射性 1.2倍・透湿性能 2倍・防水性能 7倍
    • ・耐久性能 5倍・シート強度性能 2.4倍

JIS A6111:2004 適合品

遮熱対策
遮熱対策

【断熱対策】高断熱発泡ウレタン + 高性能複層ガラス

外周壁内と屋根裏天井面には高断熱発泡ウレタン断熱材が隙間なく充填され、開口部には高性能複層ガラスが全窓に装備されています。
これらの装備により公機関の住宅性能表示制度【省エネルギー対策等級】では、最高レベルを取得できます。

【断熱対策】高断熱発泡ウレタン + 高性能複層ガラス
【断熱対策】高断熱発泡ウレタン + 高性能複層ガラス

【通気対策】壁+屋根通気工法

壁内通気層から屋根内の通気層を通じ軒裏と棟から換気を行い、建物の耐久性と通気性の向上を図っています。

【通気対策】壁+屋根通気工法
【通気対策】壁+屋根通気工法
【通気対策】壁+屋根通気工法
【通気対策】壁+屋根通気工法
参考プラン 作品例